top

月別記事一覧

店長ブログ

 

 

いつもありがとうございます。【京都祇園 花見小路 会席料理 祇園迦陵】

年末年始の営業日のお知らせです。

 

 

誠に勝手ながら年末年始の営業は下記とさせていただきます。

 

年内営業 平成28年12月25日 22:30まで
年始営業 平成29年1月3日 18:00より

 

(※26日から31日までの6日間はおせち料理のご用意をしておりますので、

お問い合わせやご予約のお電話は承っております。)

 

合わせて1月16.17.18日は連休とさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

本年も変わらぬご愛顧を賜わりまして、大変感謝申し上げますと共に

皆様のご多幸をお祈りいたします。

 

 

平成二八年 一二月一七日 吉日

祇園迦陵 若女将 堀部奈々子

 

いつもありがとうございます。【京都祇園 花見小路 会席料理 祇園迦陵】

祇園迦陵、若女将の堀部です。

 


本日は夜のコースでお出しさせていただいております「雲子の柚子釜オーブン焼きのご紹介です。

 

自家製の玉味噌を豆乳で伸ばし、柚子の皮を散らしてお作りした柚子味噌。

 

 


それを中身をくり抜いた柚子釜に敷き詰め
中に雲子、車海老、貝柱、粟麩をお入れし、オーブンで焼き上げました。

濃厚な白味噌とクリーミーな雲子が口どけ、柚子が香る逸品です。

yuzu.jpg

オーブンから出した直後に石焼へ置き、そのままグツグツとした状態でお出し致します。

 

 

いつもありがとうございます。

祇園迦陵、若女将の堀部です。【京都祇園 花見小路 会席料理 祇園迦陵】

 

本日は神楽月、お昼のコースでお出しさせていただきます先付けのご紹介です。

sakiduke112.jpg

紅葉鯛といくらのみぞれ和え、柿猪口には落花生豆腐をお入れしております。

紅葉鯛とは晩秋に獲れる鯛のことでございまして、鱗の赤みが強く脂の乗りがいいお魚です。

 

先付け11.jpg

奉書包みの水引きにしてお出しさせて頂きます。
11月は”神楽月”とも呼ばれますが、旧暦ですと冬至にあたります。


諸説ございますが丁度この時期に神が降りてこられ、神楽が盛んに行われていましたので
”神楽月”と呼ばれるようになりました。

そんな神楽月のめでたさを表すべく先付けに水引きを用いました。

 

ご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。【京都祇園 花見小路 会席料理 祇園迦陵】

祇園迦陵、若女将の堀部です。

 

本年は「スチームコンベクションオーブン」と言う調理機械を導入致しました。

 

熱風・温度・湿度・蒸気など全てを一度単位で調整することが可能となり、食材の状態を緻密に管理できます。

 

全ての食材で蒸し器では表せなかった食感、旨味、甘みを表現できるようになりました。

kyonenn.jpg

おせち料理となりますと、温かい出来たてをお渡しできませんので冷めても美味しく
お召し上がりいただけるよう、更にスチームコンベクションオーブンとじっくり向き合って参ります。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

祇園迦陵、若女将の堀部です。

 

本日は、祇園迦陵のおせちのご紹介です。

 

壱の重

黒豆/田作り/スモークサーモン砧巻き/平目竜飛巻き/車海老旨煮/床節旨煮/ワカサギ白板昆布巻き/栗渋皮煮/出し巻き玉子/金柑蜜煮/たたき牛蒡/菊花蕪/千社塔味噌漬け/ローストビーフ/唐墨/紅白なます/イクラ/菜種


弐の重

筍煮/数の子/錦玉子/堀川牛蒡とりミンチ射込み/うなぎ八幡巻き/海老芋旨煮/蛸柔煮/助子旨煮/子持ち鮎甘露煮/鴨丸くわ焼き/ニシン煮/松笠くわい/蓮根小豆煮/絹さや/鯧西京焼き/鰆胡麻祐庵焼き/銀杏/鮟肝甘露煮/穴子龍眼巻き/ねじ梅/葉地神/手鞠麩

 

京都のおせちには欠かせない数の子、たたき牛蒡、田作り大きな芽が出るクワイなど

古くから言い伝えのある食材もお入れしております。

 

数の子は卵の数が多いことから、子孫繁栄を願って出されます。

たたき牛蒡は「地に根を下ろすように」と願って供します。

 

ごまめは素干ししたカタクチイワシをお醤油などで炊いたもので、「田作り」と呼び、豊作を願って食します。

 

この三種を重箱に入れるのは「おめでたさを重ねる」という意からです。

 

oseti.jpg

 

皆様の新年がより良い素晴らしい日となりますよう祈願させて頂き、

徹底して全て手作りでおひとつずつお入れ致します。

 

oseti2.jpg

 

どうぞ宜しくお願い致します。